移動AIのテンプレート

移動AIのテンプレート 目次

概要

敵データウインドウ

敵データウインドウのスクショ

移動AIテンプレート機能によって、移動AIを1から構築することなく予め用意されたテンプレートから1つを選択するだけで移動AIを作成できます。
サンプルゲーム「シミュレーユ」でもテンプレートを適用しただけの敵がほとんどです。
ただし、テンプレートの名前で「※要編集」と書かれているものは、テンプレート適用後に「使用スキル」(回復スキル)や「位置データ」などの指定が必要です。

移動AIテンプレートは、敵パレットにおける敵パレットデータの編集ウインドウから読み込んだり、編集中の移動AIの設定をテンプレートとして保存したりすることができます。

このページの先頭へ

テンプレートの「並び替え」

移動AIテンプレートの「並び替え」ウインドウ

移動AIテンプレートの「並び替え」ウインドウのスクショ

敵パレットデータの編集ウインドウにある「並び替え」ボタンを押すと移動AIテンプレートを一覧できます。
ここでは、テンプレートの並び替えや削除をしたり、テンプレートの説明を書き込むことができます。

このページの先頭へ

テンプレートの解説

デフォルトのテンプレート全てを詳細に解説するのは大変ですし、する意味もあまりないので、全ての「型」の挙動の解説といくつかピックアップしたデータのみを詳細に解説します。
ちなみに、テンプレートの名前の頭にある記号(「!」「+」「−」「!#」など)は移動AIの型を表していますが、特に覚える必要はありませんし、独自の設定をテンプレートとして保存する際に付与する必要もありません。ちょっとだけ見やすくなるかな?程度のものです。

それでは、まず「型」の挙動を解説します。
それぞれの型における行動対象(の決め方)は、同型のバリエーションによって変わります。
例えば「!突撃型:最も近い味方に戦闘」と「!突撃型:最も効果的な味方(物理)に戦闘」では戦闘の対象が異なります。

● !突撃型
自ら戦闘を仕掛けます。
誰にも戦闘を仕掛けられない状況では「最も近い味方」の方へ移動します。

● +迎撃型
行動範囲内に味方がいたら戦闘を仕掛けます。
1度戦闘を仕掛けた後は、突撃型同様に行動範囲内に味方がいなくても自ら攻めていくようになります。

● −防衛型
移動は一切しません。
隣接するマスに味方がいる場合は、その場から動かずに戦闘を仕掛けます。

● *侵略型
指定の目的地へ移動します。
これは、目的地を占領されるとゲームオーバーになるようなステージにはうってつけの設定です。
行動範囲内に目的地が存在するなら、そこへ移動します。
目的地に移動できなくて行動範囲内に味方がいる場合は、戦闘を仕掛けます。
目的地に移動できなくて行動範囲内に味方がいない場合は、目的地を目指して最短距離で移動します。
テンプレート適用後、「目的地」をステージの「位置グループ」の中から指定する必要があります。移動AIリストの一番上と一番下の「目的地」を指定してください。

● #回復型
行動範囲内にいる最も弱っている敵を回復します。
この型に限らず全ての回復型系のテンプレートは、テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。
データベース「敵キャラ」の戦闘AIに組み込まれたスキルでないと未習得なので、「使用スキル」に設定しても移動AIは失敗します。

● #移動回復型
行動範囲内にいる最も弱っている敵を回復します。
行動範囲内に回復する敵がいない状況では「最も近い敵」の方へ移動します。
テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。

● #その場で回復型
移動は一切しません。
隣接するマスに敵がいる場合は、その場から動かずに回復をします。
テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。

● !#回復&突撃型
回復型と突撃型の複合型です。
回復と戦闘では回復が優先されます。
行動範囲内に戦闘や回復の対象がいない状況では「最も近い味方」の方へ移動します。
テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。

● +#回復&迎撃型
回復型と迎撃型の複合型です。
回復と戦闘では回復が優先されます。
1度戦闘や回復を行った後は、突撃型同様に行動範囲内に行動対象がいなくても自ら攻めていくようになります。
テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。

● −#回復&防衛型
回復型と防衛型の複合型です。
回復と戦闘では回復が優先されます。
テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。

● *#回復&侵略型
回復型と侵略型の複合型です。
回復と戦闘では回復が優先されます。
テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。
また、「目的地」を「位置グループ」で指定する必要があります。移動AIリストの一番上と一番下の「目的地」を指定してください。

● %グループ迎撃型
迎撃型の1種ですが、これは敵に設定された「グループ」でまとまって迎撃します。
例えば、敵Aと敵Bの「グループ」がどちらも「1」とすると、味方が敵Aの行動範囲に入ると敵Aは迎撃型なので当然戦闘を仕掛けますが、敵Bに関しても同一グループである敵Aに加勢するように味方の方に近づきます。
このテンプレートを適用する場合、移動AIの設定はそのままでも構いませんが、敵の「グループ」を設定する必要があります。

● #%グループ回復&迎撃型
回復型とグループ迎撃型の複合型です。
回復と戦闘では回復が優先されます。
テンプレート適用後、回復用の「使用スキル」を指定する必要があります。


型の解説は以上です。
次に、いくつかピックアップしたテンプレートのみを詳細に解説します。

● ! 突撃型:最も効果的な味方(物理)に戦闘
「行動範囲内」 で 「最も効果的な味方(物理攻撃計算)」 に 「戦闘」
「マップ全範囲内」 で 「最も近い味方」 に 「待機」

<解説>
移動AIの基本として、移動AIリストの上のものから優先して実行が試みられ、最終的には実行可能なただ1つの移動AIのみが動作します。
この設定では、誰にも戦闘が仕掛けられない状況なら最も近い味方の方へ移動します。

● ! 突撃型:最も効果的な味方(魔法)に戦闘
「行動範囲内」 で 「最も効果的な味方(魔法攻撃計算)」 に 「戦闘」
「マップ全範囲内」 で 「最も近い味方」 に 「待機」

<解説>
突撃型の魔法攻撃計算版(マニュアル戦闘時)。
オート戦闘では装備中のスキルでダメージ期待値が計算されて行動対象が決まるので、物理攻撃計算と魔法攻撃計算の使い分けは無意味です。(どちらも同じ挙動)
前作の「最も効果的な味方(魔法攻撃計算)」では、SPが不足していると動作に失敗したのでその保険として「最も効果的な味方(物理攻撃計算)」を組み込むことを推奨していましたが、今回の「最も効果的な味方(魔法攻撃計算)」はSPや使用回数の不足では失敗しないので保険は必要なくなりました。 ※Ver2.42β以前ではその保険を設定していましたが、作者のミスです。

● + 迎撃型:最も効果的な味方(物理)に戦闘
「行動範囲内」 で 「最も効果的な味方(物理攻撃計算)」 に 「戦闘」
「マップ全範囲内」 で 「最も近い味方」 に 「待機」 ※条件あり

<解説>
敵パレットデータの編集ウインドウにおける移動AIリストでは「※条件あり」と表示されていますが、その詳細は「このキャラが一度でも移動または行動したことがあるなら成立」が有効になっています。
この設定によって、1度戦闘を仕掛けた後は、突撃型同様に行動範囲内に味方がいなくても自ら攻めていくようになります。

● − 防衛型:最も効果的な味方(物理)に戦闘
「自分+隣4マス内」 で 「最も効果的な味方(物理攻撃計算)」 に 「戦闘」

<解説>
たったこれだけです。
全ての移動AIが失敗した場合は何もしない(その場で「待機」する)という仕様を利用しています。

● * 侵略型:最も効果的な味方(物理)に戦闘 ※要編集:目的地
「行動範囲内」 で 「最も近い目的地」 に 「待機」
「行動範囲内」 で 「最も効果的な味方(物理攻撃計算)」 に 「戦闘」
「マップ全範囲内」 で 「最も近い目的地」 に 「待機」

<解説>
これは、目的地を占領されるとゲームオーバーになるようなステージにはうってつけの設定です。
まず、行動範囲内に目的地が存在するなら、そこへ移動することを最優先させています。
※Ver2.50β以前では一番上の設定が抜けていたので、目的地に移動できる状況でも戦闘を優先してしまうことがありました。
目的地に移動できなくて行動範囲内に味方がいる場合、戦闘を仕掛けます。
味方を無視して目的地になるべく近い位置へ移動させるAIの方がプレイヤーに脅威を与えることも多いですが、味方が邪魔で一生目的地に辿り付けないことがないように、戦闘のAIを組み込んでおいた方が無難です。

● # 移動回復型:回復相手がいないなら最も近い敵へ移動 ※要編集:回復スキル
「行動範囲内」 で 「最も弱っている敵」 に 「回復(スキル)」
「マップ全範囲内」 で 「最も近い敵」 に 「待機」

<解説>
回復対象が見つからないなら、最も近い敵の方へ移動します。
周りに戦闘キャラを配置すれば回復役として厄介な存在になれるはずです。

● % グループ迎撃型:最も効果的な味方(物理)に戦闘
「行動範囲内」 で 「最も効果的な味方(物理攻撃計算)」 に 「戦闘」
「マップ全範囲内」 で 「最も近い味方」 に 「待機」 ※条件あり
「マップ全範囲内」 で 「最も近い味方」 に 「待機」 ※条件あり

<解説>
迎撃型の1種ですが、これは敵に設定された「グループ」でまとまって迎撃します。
移動AIリストの2番目までは普通の迎撃型と同じですが、そこに3番目が追加されています。
移動AIリストの3番目に「※条件あり」と表示されていますが、その詳細は「同一グループの行動範囲内に味方がいたら成立」が有効になっています。
これによって、自分と同じ「グループ」の誰かの行動範囲内に味方が入った時点で攻めていくようになります。

このページの先頭へ



次の解説へ

ヘルプ目次へ