動作を軽くするには?

動作を軽くするには? 目次

動作の重さ・処理時間を知る

「今どれだけ重いのか?」、「今どれだけ処理(計算や表示)に時間がかかっているのか?」を知る方法について教えます。

まずは、環境設定ファイル「System.ini」を開き「ShowFps=1」か「ShowFps=2」にして下さい。
これによってゲーム画面左上に「FPS○○(□□)」と表示されるようになります。
「FPS」(FramePerSecond)とはフレームレートのことで「1秒間に何回画面が更新されるか?」です。
通常は(デフォルトのFPSの設定では)この値が常時60前後であれば正常で、体感速度としても軽いと言えます。
逆にFPSが60を下回っているときは動作が重く、キャラなどの動きもカクカクしてしまいます。
つまり、FPSでゲームが重くなっているかどうかを見極めることができるのです。

さらに先程のFPSの後に表示されている()内の数値に注目して下さい。
実はこれ、ゲームにおける1フレームの処理時間で、「MSPF」(MilliSecondPerFrame)と言います(厳密には最新16フレーム間の平均値です)。
MSPFが高いほど処理速度が遅いことになり、この値が一定値を超えるとFPSが落ち始めます。
通常はMSPFが17以上になるとFPSが落ち始めるでしょう。
つまり、MSPFを見れば、あとどれくらいで動作が重くなるかが分かります。

このページの先頭へ

敵の思考時間を短くする方法

敵の移動AIの設定やステージマップの状況によって、敵が移動する前の思考時間が異常に長くなることがあります。
思考時間を短くする方法は次の通りです。

・ステージマップを狭くする。
・移動コストが高いマップチップを、移動コストが低いものか移動不可のマップチップに変える。(意外に効果大)
・移動AIの[対象]が「最も近い味方」か「最も近い敵」か「最も近い目的地」なら、他の対象に変える。(この3つは特別重いです)
・移動AIの[対象]が「最も近い味方」なら、参加可能な味方の数を減らす。
・移動AIの[対象]が「最も近い敵」なら、敵の数を減らす。
・移動AIの[対象]が「最も近い目的地」なら、目的地(位置グループ)における位置データの点数を減らす。

このページの先頭へ

その他、動作が重いときの対処法

ゲームが重くなる原因と対処法について解説します。

● 背景が小さすぎる
データベース「バック」のデータを「画像で指定」している場合、背景画像が小さすぎると描画速度が遅くなります。
画像のサイズがゲーム画面より小さい場合はタイル状に何枚も同じ画像が表示されることになりますが、小さすぎると描画の効率が低下するわけです。
この場合、背景画像のサイズを大きくするか画像を使用しない設定に変更すると改善されます。

● 描画領域が広すぎる
可変サイズのウインドウモード(「System.ini」で「WindowMode=2」)の場合、ウインドウを大きくするほど描画速度も遅くなります。
この場合、単純にウインドウを小さくすると改善されます。
配布先ユーザー向けの確実な対処法は、強いて言えば「System.ini」で「WindowMode=1」にして可変サイズを諦めるくらいしかありません。
「WindowMode=0」(フルスクリーン)も軽いはずですが、今作では非推奨です。

このページの先頭へ



次の解説へ

ヘルプ目次へ