ステータス

ステータス 目次

ステータスの見方

味方のステータスは、編成メニュー「ステータス」から任意の味方にカーソルを合わせることで確認できます。
画面上にステータスウインドウが表示されている状態で、さらにZキーを押せばスキルウインドウが表示されます。
また、ステージマップでも同様にマップカーソルを敵や味方に合わせることでステータスが確認できます。

このページの先頭へ

ステータスの種類

ステータスウインドウ

ステータスウインドウのスクショ

ステータスウインドウにおける各ステータスを解説します。
ステータスウインドウの左上の項目から右下の項目にかけて順に解説していきます。

● 名前
ステータスウインドウの左上、キャラグラフィックの下にはキャラの名前が表示されています。

● クラス
キャラの名前の下にはクラス(職業など)が表示されています。

● LV
レベルです。

● EX
いわゆる経験値のことで、味方の場合はこれが100に達するとLVが1上がります。
EXは敵との戦闘で獲得できます。
敵の場合、戦闘でEXは獲得せずレベルアップもしません。

● 移動力
ステージマップにおける移動力です。
飛行能力のあるクラスは、移動力の数値の後に飛行状態を表すシンボルグラフィックが表示されます。
飛行能力があると全ての地形の移動コストを1として移動できます。

● センス
センスとは、スキル習得のしやすさです。
センスが対応するカテゴリーのスキルの「必要センス」以上であれば、編成メニュー「ステータス」からスキルを「覚える」で習得することができます。
また、レベルアップでスキルをランダムで習得する設定なら、その習得条件になったり、習得確率に影響したりします。

● HP
体力とか生命力のこと。
HPが0になると死亡してしまいます。
味方が死亡しても編成メニュー「復活」で復活させることができます。

● SP
スキルによってはSPを消費するものがあります。
SPが不足しているとスキルは使用できません。

● 攻撃
この値が高いほど、物理攻撃系の与ダメージがアップします。
右側の()内の値は、習得中の武器スキルと防具スキルによる上昇値を差し引いた値です。(「攻撃」に限らず、これ以下の「守備」〜「敏捷」も同様)

● 守備
この値が高いほど、物理攻撃系の被ダメージが軽減されます。

● 魔力
この値が高いほど、魔法攻撃系の与ダメージがアップします。
また、回復スキルの回復量も増します。

● 抵抗
この値が高いほど、魔法攻撃系の被ダメージが軽減されます。

● 技能
この値が高いほど、通常攻撃や一部のスキルの命中率が上昇します。
また、使用するスキルの必殺率が1以上なら、技能が高いほどダメージが2倍になる必殺が出やすくなります。
スキルの必殺率が0なら技能がどれだけ高くても必殺は出ません。

● 反応
この値が高いほど、通常攻撃や一部のスキルに対する回避率が上昇します。
また、相手が必殺率1以上のスキルで攻撃してきた場合、反応が高いほど必殺を受けにくくなります。

● 敏捷
(戦闘システムの設定によりますが)この値が高いほど早くターン(行動順)が回ってくるようになったり、相手との敏捷差で行動回数が増えたりします。

● 装備中のスキル
オート戦闘なら、ステータスウインドウの右下に装備中のスキルが表示されます。
オート戦闘では、この装備中のスキルのみを戦闘で使用します。
「威力」は、スキルの攻撃力にキャラの「攻撃」(または「魔力」)を足した数値です。

● スキル(スキルウインドウ)
上のスクリーンショット(スキル編成時)でステータスウインドウの下に表示されているのがスキルウインドウです。
スキルウインドウでは、キャラが習得しているスキルがリスト状に並んでいます。
スキル名の左に表示されているのは、左から装備していることを示すマーク(オート戦闘時のみ)とスキルのカテゴリー、スキル名の右には消費SPまたは「残り使用回数/最大使用回数」が表示されています。
編成メニュー「ステータス」からのスキル編成メニューでスキルを覚えたり、忘れたり、使わないスキルを一時的にリザーブに移動したりすることもできます。
#スキル編成メニューの詳細は「編成メニュー」を参照

● パーティー全体のステータス
編成画面下のウインドウには、パーティー全体のステータスが表示されています。
設定にもよりますが、例えば所持金やスカウト力などです。
スカウト力とは編成メニュー「スカウト」におけるスカウト能力のことで、エディターの設定次第ではスカウト力が高いほど能力の高い仲間が出現しやすくなります。
味方のLVが上がると、スカウト力も同じだけ上昇します。

このページの先頭へ



次の解説へ

ヘルプ目次へ