相性タイプ

相性タイプ 目次

概要

スキルに設定された相性タイプによって、相手(のスキル)との相性が決まります。
相性によって戦闘で有利不利が生じます。
例えば、水タイプのスキルは火タイプのスキルに強く、命中率が20%上がる…などができます。
剣→斧→槍→剣→…などの3すくみ、相手と相性タイプが同じならダメージ半減なども簡単に実現できます。

相性タイプはオート戦闘とマニュアル戦闘の両方に対応しています。
オート戦闘の場合、シンプルに装備中のスキルで相性が決まります。
マニュアル戦闘の場合、キャラがスキルを発動してから次のターンが回ってくるまでの間だけ相性タイプが有効になります。
例えば、火のスキル使用後は火のダメージが半減するなどといったことができます。

このページの先頭へ

相性タイプの編集

データベース「相性タイプ」ウインドウ

データベース「相性タイプ」ウインドウのスクショ

ウインドウ左に相性タイプのデータリストがあります。
その下の「新規」「クリア」「データ数」ボタンでは、新規データを追加したりデータをクリアすることができます。

各設定項目を解説します。

● 名称
相性タイプの名称です。
ゲーム中に表示されることはありません。

● シンボルは使用スキルのカテゴリーのシンボルになる
編成画面やステージマップでキャラの右下に相性タイプを表すシンボルが表示されますが、そのシンボルを使用スキル(オート戦闘なら装備中のスキル)のカテゴリーのシンボルにするかどうか。

● シンボル
「シンボルは使用スキルのカテゴリーのシンボルになる」にしなかったときは、ここで表示するシンボルを指定します。

● 相性(枠)
相性タイプの内容です。
「挿入」「編集」ボタンを押すと次のウインドウが表示されます。

相性効果ウインドウ

相性効果ウインドウのスクショ

相性は、「[相性タイプ] に対して [補正対象][補正方法][補正値]」の形式で設定します。
[補正方法]の種類。
・「=」 … [補正対象]に[補正値]を代入します。
・「+」 … [補正対象]に[補正値]を足します。
・「−」 … [補正対象]から[補正値]を引きます。
・「×」 … [補正対象]に[補正値]をかけます。
・「÷」 … [補正対象]を[補正値]で割ります。
・「÷ X の余り」 … [補正対象]を[補正値]で割り、その余りになります。
・「X %」 … [補正値]を[補正対象]に対するパーセンテージとして計算します。例えば[補正値]が「50(%)」なら[補正対象](結果)は元の値の半分になります。

このページの先頭へ



次の解説へ

ヘルプ目次へ