データベースについて

データベースについて

データベースとは、クラス(職業)やキャラクター、スキル等のゲーム全体で使用するデータのことです。
メインメニューの「プロジェクト」→「データベース」からデータベースを編集します。
戦闘モードの変更やメニューコマンドの表示/非表示など、システムの設定もここから行います。

※一部の設定項目(特にプルダウンで表示される選択項目のリスト)はデータベースに依存しています。例えばデータベース「味方キャラ」の「クラス」などです。
しかし、それらは保存前のデータベースに依存しているので、例えばデータベース「クラス」に戦士と魔道士を追加してから保存せずに、データベース「味方キャラ」の「クラス」で戦士や魔道士を指定しようとしてもどちらも表示されません。
そんなときはウインドウ右下にある「適用」ボタンを押します。「適用」ボタンを押して一旦データベースを保存をすることで設定項目のテキストも更新されます。

もちろん「OK」ボタンでも構いませんが、再度データベースウインドウを立ち上げる手間がかかります。

※データベースを参照する側(例えばデータベース「味方キャラ」の「クラス」)はデータベースの番号を保持しているだけなので、参照先のデータを削除したりデータの並びを変えたりしてデータベースの番号が変わってしまうと参照元で指定したデータもすり替わってしまいます。
データの削除や並び替えは慎重に行いましょう。

このページの先頭へ



次の解説へ

ヘルプ目次へ