「その他」>「ビットマップ変換ツール」

「その他」>「ビットマップ変換ツール」

ビットマップ変換ツール


ビットマップ変換ツールでは、任意のビットマップをアクションエディター4で利用可能なビットマップに変換できます。
ただし、変換といっても各ドットに対して、アクションエディター4専用のカラーパレットの中から(※)近似色を探して色を置き換えるだけなので、満足のいく結果が得られないこともよくあります…
※厳密には、「bmp」>「plt」フォルダにある「Palette2.bmp」の色番号0と16〜207の中から。

なお、システムの設定で「ビットマップの色数」を「1677万色(24bit) カラーパレットなし」にすると、ゲームのグラフィックスがカラーパレットに依存しなくなるので、この変換作業は必要ありません

さて変換の手順ですが、まず、ウインドウ左のリストボックスに対して「リストへ追加」ボタンかドラッグ&ドロップで1つ以上のビットマップを指定して下さい。
次にウインドウ右で、変換に必要な設定を行います。
その内容は以下の通りです。

● 入力側の(変換前の)透過色
入力側における透過色(背景色)です。
ここが不正だと、変換も上手くいきません。

● 線色の置換
線色(輪郭線)の置換設定です。
アクションエディター4における線色(ゲームのオプション「カラー」で変更されない色)は色番号10〜15なので出力側の線色は10〜15番を推奨します。
「カラー」で線(輪郭線)の色が変更されても構わない場合、または「カラー」を完全に無視する場合、「線色を置換する」のチェックを外すと良いでしょう。
そもそもDirectDrawモードの8bit(256色)画面でしか「カラー」は機能しないので無視でいいと思います。

● 出力先のパス
保存先となるパスです。


最後に「変換」ボタンを押して、変換終了メッセージが出たら変換完了です。

このページの先頭へ



次のトピックへ

ヘルプ目次へ