シミュレーションRPGエディター

シミュレーションRPG制作ソフト シミュレーションRPGエディター

ここでは、シミュレーションRPG制作ソフト「シミュレーションRPGエディター」がダウンロードできます。
シミュレーションRPGエディターで作られたゲームや、シミュレーションRPGエディター用の素材もダウンロードできます。

シミュレーションRPGエディターのダウンロードへ

ゲーム集へ

素材集へ

シミュレーションRPGエディターのダウンロード

シミュレーションRPGエディターで制作したゲームは、各自ホームページ等で配布することができます。
詳細は付属の「二次配布について.chm」をご覧下さい。

シミュレーションRPGエディター 最新版をダウンロード(zip)
バージョン 4.43
ジャンル シミュレーションRPG制作ソフト
対象人数 1人
ソフト種別 フリーソフト(無料)
動作確認済み Windows8、7、Vista、XP、2000、ME、98
初回公開日 2007/3/24
最終公開日 2013/8/23
コメント シミュレーションRPG制作ソフト
クラス・キャラ・スキル・イベント等が作成できたり、ダメージ計算式などシステムもかなり細かいレベルまで設定可能です。
用語の変更(「HP」を「体力」に変えたりとか)ができないのが欠点。
このページの先頭へ

● 各バージョンの更新履歴とダウンロード
v4.43 2014/8/23
◆一部の環境で稀にゲームの起動に失敗するバグを修正。

v4.42 2013/7/21
◆エディターにおいて、データベースなどでリスト内のデータを選択する際に、右クリックでメニューを出しつつ別のデータを切り替えようとすると、切り替えたはずのデータがフォームに反映されずに切り替える前のデータのままになってしまい、その状態で(メニューを閉じずに)データを編集すると切り替える前のデータに上書きされてしまうバグを修正。

v4.32 2013/4/24
◆バージョン4.20以降において、データベースの編集の際に不正なメモリアクセスが起こる可能性があるバグを修正。これによって最悪ブルースクリーンになりPCが勝手に再起動してしまったりするなどの可能性がありました。バージョン4.20以降でも特に何も起こらなかった方も、お手数ですがこのバージョンに更新してください。
◆エディター上の一部のグラフィック(イベントのグラフィックなど)の表示位置がOSのデザイン設定に依存してしまい、多くの環境で本来の位置よりも少しずれてしまうバグを修正。

v4.22 2013/1/19
◆エディターにおいて数値系入力項目(LVやHPなど)全般のボックスの横幅を少し広げる。Windows8など実行環境によっては数字が隠れる可能性があったため。

v4.21 2012/12/23
◆ワールドマップにおけるイベント(ステージ)の設定で「ゲームクリア」を「2周目へ突入」にして2周目以降をプレイさせたとき、「ステージ番号」が「0」のステージが未クリアになってしまうバグを修正。仕様上は最初からクリアされた状態でステージマップでは青色で表示されるはずのステージ0番が2周目以降では赤色になってしまうということです。なお、このバグが起こった状態で0番のステージをクリアするか、このバージョン以降のプログラムでセーブデータを読み込むと(全ての0番のステージが)無事に青色に戻ります。

v4.20 2012/12/11
◆Windows8だと、エディターで「データベース」などのタブで切り替えるタイプのウインドウの縦幅が本来の幅よりも縦に伸びてしまい、「OK」ボタンなどが押しにくくなるバグを修正。

v4.10 2012/5/11
◆ステージ番号0番(常にクリア済み)のステージなのに、「一度クリアしている場合の報酬の修正」や「一度クリアしている場合のEXの修正」が適用されないバグを修正、さらに同設定のステージにおいて「ステージ初挑戦時のみ出現」するイベントもプレイする度に出現してしまうバグを修正。
◆効果値が0以下のHP回復スキルにおいて、特定の条件下ではマップ上で回復スキルが使用できないことがあるバグを修正。

v4.09 2012/2/6
◆イベントのタイミングで「所持者の特殊コマンド使用後」を選択しても特殊コマンドが設定できないバグを修正。

v4.08 2012/1/30
◆効果音にPCM以外の形式(ADPCM形式など)のwaveファイルを利用すると、ゲーム中に最悪強制終了してしまうバグを修正。旧バージョンではPCM以外の形式は考慮されていなかったため、PCM形式以外の形式をPCM形式として読み込もうとしてしまい、不正なメモリ領域にアクセスしてしまう可能性がありました。それを修正しました。PCM形式しか再生できないのは変わりありません。これに伴って、ヘルプにPCM形式のwaveしか再生できないことを追記しました。ちなみに、エディターではPCM以外の形式も再生できてしまいますが、仕様とさせていただきます。

v4.07 2012/1/22
◆スキルやアイテムの位置交換で、リストをスクロールさせると交換元を示すカーソルの表示位置がおかしくなるバグを修正。
◆「ふっかつ」の「スキルをみる」で、カーソルの初期位置がおかしくなることがあるバグを修正。

v4.06 2011/3/25
◆「効果値」が0以下の回復スキルをマップで使用できないバグを修正。

v4.05 2010/9/24
◆Direct3Dモードにおいて、ゲーム実行中にスタンバイやスリープをしたり、フルスクリーン時にAlt+Tabなどでアプリを切り替えた後でゲームを再開すると、行動済みのキャラの色が変化しないバグを修正。
◆エディターの二重起動の際に実行中のプログラムを閉じて再起動するかどうかを選べるようになる。

v4.04 2010/9/10
◆ウインドウモードにおいて、ウインドウの最大化ができるようになる。
◆環境設定ファイル「System.ini」の更新。Direct3Dモードなら「WindowMode=2」で可変サイズのウインドウで実行できるようになる。
◆ウインドウモードにおいて、ゲーム終了時にウインドウの位置とサイズが記憶されるようになり、次回の起動でそれが引き継がれるようになる。ちなみに、ウインドウの位置とサイズの情報は「user_data」フォルダの「Window.dat」というファイルに保存される。配布時にこのファイルを消してもいい。

v4.03 2010/9/3
◆一部の環境で、Direct3Dモードが少し軽くなる。

v4.02 2010/8/31
◆マップ画面で表示されるキャラクター画像「MapChara.bmp」で、バージョン4.00で追加された新キャラ2体のグラフィックが何も描かれていなかったので修正。

v4.01 2010/8/16
◆エディターにおいて、敵パレットの編集で移動AIを設定した後、メインウインドウで作業をすると正常に動作しない(最悪強制終了する)バグを修正。

v4.00 2010/8/9
◆Direct3Dで描画できるようになる。これに伴い起動直後に描画モード(「Direct3D」か「DirectDraw」)を選ぶためのダイアログが出るようになる。詳細は環境設定ファイル「System.ini」で解説があります。
◆System.iniを大幅に更新。「Direct3D」の項目を追加など。旧バージョンのデータを今回のバージョンに引き継ぐ場合、実行ファイルだけでなくSystem.iniも必ず更新してください。
◆「Character.bmp」と「Effect.bmp」の規格を変更。ただし、DirectDrawモードなら古い規格でも従来どおりに動くし、Direct3Dモードでも動く可能性があります(近年のビデオ環境であれば大抵動く)。詳細は「■バージョン3.19以前の画像を使用する場合の注意.txt」をご覧下さい。
◆画像「Accessory.bmp」を更新(サイズなどの規格は変わっていない)。主人公がヤシーユ以外のキャラでも違和感がないようにしました。従来の画像は「bmp」フォルダ内の「未使用」フォルダに入っているので問題があれば戻して下さい。
◆一部の環境で一部のフォントが点滅するバグを修正。
◆DirectDrawモード(バージョン3.19以前と同じ描画モード)が高速になる。
◆DirectDrawモードのウインドウモードが色数32bitに対応。これに伴ってフルスクリーンではなくウインドウモードをデフォルトの設定にする。
◆DirectDrawモードかつフルスクリーンの場合、環境設定ファイル「System.ini」で「Bpp=0(デフォルト値)」なら画面の色数が32bitになる。これまでは8bit(256色)だった。
◆一部の移動AIにおいて、移動キャラの移動力より多く移動力を消費する地形がある場合、移動目標の方に最短距離で移動しないなどの不具合が発生する可能性があるバグを修正。システムの設定で「移動AIはバージョン3.19以前の動作を適用する」にチェックを入れると3.19以前のバージョンと同じ動作をさせることもできる。ちなみに旧バージョンのデータを今回のバージョンに引き継ぐとこれにチェックが入っている。
◆システムの設定で、ステージ開始直後の配置メニューに「ひきかえす」を実装。チェックを入れるとステージからワールドマップに引き返すことができるようになる。
◆システムの設定に「敵を倒したら再行動できる」を実装。味方のターンに敵を倒すと再行動できます。
◆システムの設定に「全ての味方の行動が終わったら自動的にターンを終了する」を実装。
◆不正な強制終了の後などに再度起動しようとすると二重起動扱いになって起動できない不具合を修正。
◆二重起動の際、プログラムを再起動するか選べるようになる。
◆ゲームやエディター起動時に必要なフォルダが作成されるようになる。これで間違って「user_data」フォルダなどを消してもエラーが出なくなる。
◆Windows7だと本来よりもエディターのクライアント領域が狭くなるバグを修正。
◆エディターのデータベースの設定全般においてクリックでデータを切り替えたときにグラフィックがすぐに更新されないバグを修正。
◆その他、細かいところを修正。

v3.19 2009/9/25
一部の数値入力タイプの項目で、↓キーを押して数値を下げるとフォーカス(設定項目)が移動してしまうバグを修正。
ワールドマップのサイズを変更したときにマップチップの配置が変わってしまうバグを修正。
ワールドマップのサイズを変更した後、その変更を保存せずにワールドマップエディットを終了して再びワールドマップを編集しようとすると、サイズが変更されてしまうバグを修正。

v3.09 2009/9/18
イベントアクション「お店」で、大量に商品を設定しようとすると強制終了することがあるバグを修正。

v2.99 2009/9/10
一部の数値入力タイプの設定項目で、↓キーを押して数値を下げるとフォーカス(設定項目)が移動してしまうバグを修正。
イベントアクション「ステータスの操作」で、増減値を2桁以上の負の値にすると「-(マイナス)」が正しく表示されないバグを修正。

v2.98 2009/5/11
テストプレイ時、タイトル画面でEscキーでゲームを終了できないバグを修正。
変数の値入力などで、数値が16959よりも多い時に増減ボタンで数値を変えようとすると強制的に16959に変えられてしまうバグを修正。

v2.97 2009/3/27
データベース「クラス」で限界レベルが1に設定されていると、「はじめから」プレイする際にクラスの初期化が上手くいかずに強制終了してしまうバグを修正。

v2.87 2009/3/22
テストプレイで、戦闘中にF7キーを押してステージをクリアしようとすると、マップ画面へ戻ったときに一部の文字以外全て真っ黒になるので、戦闘中におけるF7キー
を無効にする。

v2.86 2009/2/19
データベース「敵キャラ」の数を減らしてから、存在しなくなった敵が配置されたステージをプレイすると強制終了してしまうバグを修正(ちなみに「敵キャラ」の数を減らした後でステージを保存していれば強制終了はしなかった)。
データベース「クラス」の数を減らしてから、データベースの「味方キャラ」か「敵キャラ」にて、存在しなくなったクラスのキャラを選択した状態で「OK」か「適用」を押すと(データベースを保存すると)強制終了してしまうバグを修正。

v2.76 2009/2/18
アイテムのカテゴリーが1種類だけだとキャラのステータスを表示する際に強制終了してしまうバグを修正。

v2.66 2008/11/17
難易度による能力上昇処理でHPとSPが上限である999を超えてしまうバグを修正。

v2.65 2008/11/10
イベントアクション「仲間屋の変更」、「パーティーの変更」で64番以降の味方キャラを追加できないバグを修正。
System.iniにおける「FrameRate」のデフォルトを「60」から「30」に変更。(「60」だとVista上で動作が重くなる可能性があるため)

v2.64 2008/7/2
一部の環境でエディターを最小化すると元に戻せないバグを修正。

v2.54 2008/3/23
「シミュレーションRPGエディター」で、ダメージ軽減系のスキルの重ねがけができるようになる。
例えば、ダメージを5軽減するスキルを、クイックで1回、非クイックで1回の計2回使うと、次のターンまでダメージを10軽減できる。

v2.53 2008/2/18
テストプレイの動作が軽くなり、安定する。

v2.43 2008/1/11
MIDIの再生が安定する。

v2.33 2008/1/4
無属性の武器攻撃系スキルを使用したとき、武器を装備していないと強制終了することがあるバグを修正。
テストプレイ終了後、エディターが最小化された状態(タスクバー)から復旧できないことがあるバグを修正。


戦闘AIにおいて、全ての条件を満たした優先レベルが等しい行動がn個あるとき、2〜n-1個目の行動の優先値が(プログラム内部で)1となってしまい、その差分が最も前(戦闘AIリストで最も上)の行動に加算されるバグを修正。

少し分かりづらいバグなので、一つ例を挙げることにします。
優先レベルが1、優先値が10の行動が4つ設定されているとしましょう。

行動 優先レベル (エディターで設定した)優先値 実際の優先値
こうげき 10 28 ※10+(10-1)+(10−1)=28
スキル−スキルA 10 1
スキル−スキルB 10 1
スキル−スキルC 10 10

表の一番右側が実際の(ゲーム中の)優先値です。
1番前の行動の優先値が不当に上がり、その結果、本来4回に1回の割合で「こうげき」が実行されるはずなのに、実際は4回に3回弱「こうげき」を実行してしまいます。

なお、優先レベルが等しい行動が2つ以下の場合は、今回のバグの影響を受けません。
また、クイックと非クイックとでは別で扱われるので、例えば下記の表のように、優先レベルが等しいクイックの行動が2つ、非クイックの行動が2つ(計4つ)が設定されていても、バグの影響は受けません。

行動 優先レベル (エディターで設定した)優先値 実際の優先値
こうげき 10 10
スキル−スキルA 10 10
クイック−スキルB 10 10
クイック−スキルC 10 10

バグの解説は以上です。

これより前のバージョンのデータを読み込んでプレイする場合、設定によっては、大幅にゲームバランスを再調整する必要があると思います。
完全版になって半年以上経過しているにも関わらず、今回のバグで多大なご迷惑をおかけすることをお詫びします。

v2.23 2007/12/29
テストプレイで、ゲームプログラムのパスの自動取得が失敗するバグを修正(テストプレイをしようとすると、「ゲームプログラムが呼び出せません!」と表示されるバグ)

v2.13 2007/12/1
レポートファイル「Report_Game.txt」(エディター起動時は「Report_Editor.txt」)の内容を少し変更。
その他ドキュメント類を微妙に修正。

v2.12 2007/8/16
データベース「地形」の消費移動量を0にすると、敵の移動が正常に行われず強制終了等の不具合が発生する可能性が高いため、消費移動量の下限を1にする。(以前のバージョンのデータを読み込んだ場合、消費移動量0の地形は自動的に1に修正される)

v2.02 2007/7/15
位置グループの編集で「クリア」ボタンを押しても、位置データがクリアされないバグを修正。

v2.01 2007/5/28
一部の環境で、MIDIのループ処理中に(曲が終わった直後に)画面が切り替わるとフリーズなどの不具合が起こるバグを修正。
テストプレイ時のPCへの負担を少し軽減。
ステージ開始前にマップカーソルを移動させると、その後の味方配置メニューでカーソルの初期位置がおかしくなるバグを修正。

v1.91 2007/5/25
完全版になる。
ヘルプを更新。(「独自の素材を使う」にて「MapChara.bmp」のサイズを変更できることを記載)

● さらに旧バージョンのダウンロード
β版以前のシミュレーションRPGエディターの公開は終了いたしました。
おもしろゲームブログで公開していたバージョンも含みます。

このページの先頭へ

ゲーム集

全部フリーソフト(無料)です。

※2009/7/21から作者自身による登録申請ができなくなりました。

<ゲーム集1> <ゲーム集2>
ゲーム名 制作者 DL
ブライアンの冒険SRPG オトカム(元列火丸)様 ダウンロード
制作者のコメント オトカムのページのキャラクター達が出演!
ごく一般的なSRPGのつもりでつくりました。
ゲーム名 制作者 DL
デシシの野望SRPG バカ・キング様 ダウンロード
制作者のコメント アクションエディター作品「デシシの野望」のリメイク作品です。
アクション版と比べ色々と変わっています。
ゲーム名 制作者 DL
Sシミュレーション 777様 ダウンロード
制作者のコメント Sは「ショート」のSです。
その名の通り、かなり簡潔な作りになっており、元のデータもほとんど変えてません。
ゲーム名 制作者 DL
タンポーの旅 さらなる悪魔編 チコ様 ダウンロード
制作者のコメント 2007年度の最初のゲームで、前作の続きです。完全クリアは難しいと思います。
※某事情により公開中止。チコ様、メール下さい^^; by管理人

● 登録条件 (2007/5/19に更新)
登録可能な作品は、以下の全ての条件が満たされた作品のみとなります。

・制作時間が30時間以上である
例外として、既に登録済みのゲームの難易度変更版やシステム変更版を登録したい場合、登録されたゲームの状態から15時間以上かけて作られたゲームでなければ登録できないことにします。
例えば、イージー版を登録したい時、「味方のEX修正(成長する早さ)を上げて1回テストプレイしただけ」の変更では(これが15時間未満の変更だとすると)イージー版としての新規登録はできません。
この場合、既に登録済みのゲームにイージー版を含ませて(ノーマル版とイージー版を1つのフォルダに入れる等して)メールで送って下されば良いです。(つまり、新規登録ではなく、既登録ゲームの更新になります)

・丁寧に作られている。
特に、テストプレイは繰り返し行いましょう

・最初から最後まで遊べる
体験版は登録できません。

・制作者自身がゲームをクリアできる
制作者がクリアできない難易度となると、ほとんどのプレイヤーが途中で投げ出してしまいます。

・シミュレーションRPGエディターに付属の「二次配布について.chm」に書かれた規約を厳守している。
よろしくお願いします(何)


● 登録の仕方
メールで以下の情報を教えて下さい。

・ゲームの配布ページのURL(必須)
・ゲーム名(必須)
・制作者のハンドルネーム(必須)
・配布サイトのトップページのURL
・制作者のコメント

配布ページのURLに関しては、ご自分のサイトで設けた配布ページでも、Vectorふりーむ等のダウンロードサイトの配布ページでも構いません。(後者なら、わざわざサイトを開設しなくてもゲームを登録できます)
尚、Vectorはここ、ふりーむはここで作者登録・ゲーム登録が可能です。

このページの先頭へ

素材集

シミュレーションRPGエディターで使用できる素材集です。
シミュレーションRPGエディターで制作したゲームに組み込んで配布できます。

※2009/7/21から作者自身による登録申請ができなくなりました。

● 利用範囲の説明
「加工」 … 素材を加工しても、シミュレーションRPGエディターで制作したゲームに組み込んで配布できるかどうか。
「シミュエディ以外での利用」 … (普通のフリー素材のように)シミュレーションRPGエディター以外の素材にも利用できるかどうか。 ※「○」となっていても、制作者に無断で素材その物を配布することはできません。

その他、素材にドキュメントが添付されていた場合、それに従って下さい。
制作者の配布ページで説明があった場合、それに従って下さい。

シミュレーションRPGエディター素材集
素材名 種別 制作者 加工 シミュエディ以外での利用 DL
Venusのキャラクター集 キャラクター画像 Venus様 ダウンロード
制作者のコメント SRPGエディター用に描いた物ですが、使い道はご自由に。
素材名 種別 制作者 加工 シミュエディ以外での利用 DL
はしぶとガラスの
へんてこエフェクト集
エフェクト画像 はしぶとガラス様 ダウンロード
制作者のコメント 早速魔法エフェクトをたくさん描いてみました。
(シミュエディ以外での使用○になってますがうまく使える場面が無いと思います)
このページの先頭へ