記事一覧

アクションエディター4 v1.97β

●エディター
・デフォルトデータの更新
アイテム「ブロック召喚-Z」で、「召喚先に、ブロックに当たる主人公がいれば失敗」を無効にする。

●ゲーム
・「キャラエフェクト」と「画面エフェクト」で、「反転実行」と「往復実行」ができるようになる
個人的にオススメの機能です。お試しあれ!

・「ブロック召喚」コマンドの改善
「召喚先に、ブロックに当たるキャラがいれば失敗」を、「召喚先に、ブロックに当たる主人公がいれば失敗」と「召喚先に、ブロックに当たる敵がいれば失敗」に分けました。
「召喚先に、ブロックに当たる主人公(または敵)がいれば失敗」を無効にしたとき、召喚先にいるブロックにあたるキャラがいても、そのキャラが圧死されにくくなる。(デフォルトパレットのアイテム「ブロック召喚-Z」みたいな単純な召喚なら、まず圧死しない)

・「ステータスの条件3」の「ブロックに乗っている」が、ブロックキャラにも対応しました(ブロックキャラに乗っているときも条件が成立するようになりました)

・oggファイルの再生で「ループ再生」を無効にしても1回だけループしてしまうバグを修正


その他、細かいところを更新。

ダウンロードはこちらから↓
http://www.omoshiro-game.com/soft/ActionEditor4/ActionEditor4_v197b.zip