記事一覧

自信を失っている人へ

ゲーム制作が手に付かなくならないですか?

自信を失くすよりは、過信をする方が100倍マシです。

勘違いをしよう。

あなたは天才だ。
例え今はまだ良い作品が作れないとしても、将来的には天才ゲームクリエイターの一人になるだろう。

どんな形であれゲーム制作を続けてさえいれば、必ず良い作品が作れるようになる。
あなたが小中学生だったり、ゲーム制作の経験が浅い人なら尚更だ。

どこかで批判を頂いたとしてもそれら全てを真に受ける必要はない。
それらの中で、自分が納得できて尚且つ割とすぐに克服できるものだけを今後に活していこう。

実は、批判を力に変えられる人はそれほど多くないのでは?と感じている。
フリゲーは趣味で作っている人が多いから。

逆に、なんやかんや言っても人は褒められた方が伸びる。
褒められると「次はもっといいゲームをつくってやろう」という気持ちになる。
それで長所が伸びる。
批判禁止の掲示板があったら、そこで感想をもらうといいかもしれません。そんなのないかw

短所を克服するのは長所を伸ばしてからでも遅くはない。
また、短所は必ずしも克服する必要はない。

私もレジヤシなどで多くの批判を受けたが、それ以上に賞賛の言葉を頂いた。
どうみてもレジヤシは欠点だらけの作品である。
ストーリーが薄く、グラフィックもしょぼい。音楽?なにそれ。


勘違いをして長所を伸ばし、自分だけのゲームを作ろう。